現場レポート

地域別|すべて

イーブス モデルハウス01

廊下の少ないミニマム動線の家

建築中レポート

1.2022年05月14日
外壁はガルバリウム鋼板
外壁はガルバリウム鋼板

一階部分は、ガルバリウム鋼板で仕上げています。カスケの家ではコスパを重視していますので、耐久性と価格の観点からガルバを標準にしています。もちろん、サイディング、塗り壁にも対応できます。

2.2022年05月13日
同時給排レンジフード(ダクト工事)
同時給排レンジフード(ダクト工事)

同時給排レンジフードとは、排気すると同時に、給気を行うことができるレンジフードです。
通常のレンジフードは排気だけを行うのですが、換気には通常、排気と同等の給気量が必要なため、気密性が高い住宅等で外からの自然給気が充分得られない場合は給気量が足りず、吸い込み不良・異音・隙間風の音が大きくなる・扉の開閉に支障が出るなどの不具合が発生する場合があります。同時給排フードの場合、排気と同時に給気口が開くため、ある程度の給気量をまかなうことができます。

3.2022年05月12日
360°パノラマで見る
断熱・気密施工

パノラマカメラで撮影をしてみました。

4.2022年05月12日
360°パノラマで見る
2階 断熱・気密施工状況

小屋裏エアコンをセッティングしていきます。

5.2022年05月10日
断熱、気密施工
断熱、気密施工

カスケの家では、高性能グラスウールを隙間なく充填し、防湿気密シートを施工することが最もコストパフォーマンスが高いと考えています。

6.2022年05月10日
吹抜け
吹抜け

全館空調を機能させるには計算された吹抜け空間が不可欠です。

7.2022年05月10日
金属防水
金属防水

ベランダの防水は金属防水を標準にしています。
FRP防水でも問題はありませんが、万が一の漏水は家の躯体に大きなダメージを与えてしまいます。

8.2022年05月07日
小屋裏エアコン
小屋裏エアコン

このモデルハウスは、床下、小屋裏エアコンを採用しています。
断熱、気密性能を十分に確保した上で、小屋裏から冷気を全館に落としていきます。

9.2022年04月28日
高性能
高性能

カスケの家では、最もコストパフォーマンスが高い断熱材として、高性能グラスウールを標準としています。また、セルロースファイバーも自社施工を行ってます。

10.2022年04月28日
外壁防水処理
外壁防水処理

外壁通気層の防水処理は丁寧に行います。

11.2022年04月27日
小屋裏冷房
小屋裏冷房

小屋裏冷房。現場打ち合わせ!

12.2022年04月19日
軒のある家
軒のある家

カスケの家は、原則軒あり。夏は太陽光をしっかり遮り、冬は取り込みます。
パッシブ設計の大原則です。

13.2022年04月19日
吸気口 
吸気口 

カスケの家では、費用対効果の観点から第三種換気を標準としています。こちらはその吸気口。ここにも断熱、気密部材を採用しています。

14.2022年04月19日
気密施工
気密施工

開口部分にはとりわけ注意を払っています。

15.2022年04月19日
コンセントまわり
コンセントまわり

気流が入り込みやすいコンセントまわりにも専用部材とコーキング処理。手間暇かけています。職人さんはたいへん。

16.2022年04月15日
制振装置設置
制振装置設置

制振装置 エボルツの設置状況です。

17.2022年04月15日
世界最高品質
世界最高品質

WEBサイトより
制振装置evoltz(エヴォルツ)は世界有数の自動車メーカーがトップモデルとして選択する
BILSTIEN(ビルシュタイン)社に製造を委託し、世界レベルの高性能、高品質を実現しました。
evoltz(エヴォルツ)は自動車などで利用されているショックアブソーバーの原理をベースに
木造住宅用の制振装置としての工夫を加えています。

18.2022年04月15日
透湿防水シート
透湿防水シート

透湿防水シートとは、水は通さないが、湿気(水蒸気)は通す性質をもつシートです。ほとんどの住宅で採用されています。

19.2022年04月09日
制振装置 evoltz エボルツ
制振装置 evoltz エボルツ

建築基準法を遵守して、制振装置を加えることで、地震に耐える力に地震の衝撃を軽減することができます。

20.2022年04月09日
耐震等級3
耐震等級3

許容応力度計算による耐震等級3を確保しています。

21.2022年04月09日
サッシ廻り処理
サッシ廻り処理

サッシ廻りの細かい処理が高い気密性と防水性を生み出します。ひと手間かけることが大切です。

22.2022年04月09日
樹脂サッシ
樹脂サッシ

サッシはオール樹脂のペアガラスを標準仕様にしています。YKKap APW330

23.2022年04月09日
ベランダ防水
ベランダ防水

ベランダは防水上の急所です。カスケの家では「金属防水」が標準仕様。高い防水性で長期間家を守ります。

24.2022年04月09日
吹抜け空間
吹抜け空間

吹抜けにはメリットとデメリットがあります。よく聞くのが、寒い。。暖房が効かない。。
①高断熱住宅(UA値0.46程度)
②高気密住宅(C値1.0以下)
③床暖房もしくは床下エアコン暖房の採用
この3つの条件が揃えば、デメリットを克服できます、
(松尾和也著『間取りと住まいの科学』)

25.2022年04月09日
南面大開口サッシ
南面大開口サッシ

イービスは軒のある家です。適切な長さの「軒」があれば、夏は日差しを遮りって家を涼しく、冬はサッシから十分な太陽光を取り入れ、家を暖かくすることができます。

26.2022年04月07日
制振装置 evoltz エボルツ
制振装置 evoltz エボルツ

カスケの家は、耐震等級3を標準にしていますが、更に制振機能を強化されたい方にはこのエボルツをお勧めしています。
(株)千葉産業HPより
木造住宅向け制振装置・通称「制振ダンパー」は、地震による揺れを軽減させ、住宅や家族や財産を守るための装置だ。家の構造部材が損傷する前に、大きなブレーキをかけて住宅へのダメージをする吸収する役割を持っている。企画開発メーカーである千博産業株式会社が、世界有数の独メーカー「BILSTIEN(ビルシュタイン)社」に製造を委託している。自動車のショックアブソーバーの技術をベースに、木造住宅用の制振装置としての工夫を加えていることが特徴的。

27.2022年04月02日
シンプルなデザイン
シンプルなデザイン

断熱性能を高めるためには、外皮面積を最小限にする総二階、切妻屋根にするのがベストです。

28.2022年04月02日
南面大開口
南面大開口

軒ありのパッシブ設計のため、南面は大開口で大きなサッシが入ります。
夏は太陽光を遮り、冬はしっかりと取り入れて部屋を暖めます。

29.2022年04月02日
上棟完了
上棟完了

精鋭部隊により一日で棟上げ、外壁耐力面材まで貼り終えました。

30.2022年03月31日
上棟!
上棟!

お日柄もよく、上棟が順調に進んでいます。

31.2022年03月31日
上棟完了
上棟完了

無事、上棟が完了しました。とっても素敵なモデルハウスになりますので、お楽しみに。

32.2022年03月27日
垂木組み
垂木組み

垂木は専用のビスでしっかりと止めます。

33.2022年03月21日
外部配管
外部配管

排水管を敷設しています。

34.2022年03月20日
基礎断熱
基礎断熱

床下エアコン仕様のため、基礎断熱で施工しています。

35.2022年03月16日
土台伏せ
土台伏せ

基礎がしっかり乾いたら、上棟前の土台伏せです。

36.2022年03月16日
基礎配筋
基礎配筋

基礎の配筋状況です。こちらも施工基準通りに工事がなされているかを、外部検査機関にチェックしてもらっています。
カスケの家は、全棟外部検査を実施しています。

37.2022年03月16日
防湿シートチェック
防湿シートチェック

防湿シートが施工基準取りの重ね幅をとられているかの確認です。

38.2022年02月10日
ターミダンシート施工
ターミダンシート施工

カスケの家では、ダブル防蟻を標準としています。①ターミダンシートによる防蟻 ②薬剤による防蟻 保証は10年です。

39.2022年02月10日
基礎工事
基礎工事

基礎工事がスタートしました!
カスケの家の看板商品である、イーブスのモデルハウス。詳細にレポートしていきます。

地域別 - すべて にある

その他の現場レポート

ページトップへ