家づくりの考え方

カスケホームの温熱設計・家づくりの工夫

カスケホームは正しい知識で、正しい家づくりを目指しています。

住宅は設計だけでなく地域の環境や人の健康、

デザインやアートなど

多岐にわたる知識が必要で、

私たちはつくり手として常に知識のアップデートを心がけて、

善し悪しを見極めてからお客様にご提案しています。

同じコストをかけるのであれば、

快適で暮らしやすく安心して暮らせる家に住んでいただきたい。

カスケホームでは「本当に快適な家」をお客様と一緒に考え、

アイデアを出し合いながら、かたちにしていきます。

 

 

快適な家づくりの工夫

軒を出して、家の外で日射を調整する

真上から降り注ぐ夏の強烈な日射しを遮り、冬の日射しを家の中に取り込むために、伝統的な日本建築では「軒」を大切に考えてきました。カスケホームでは軒のある住宅デザインを推奨し、季節に合わせた温度環境が得られるように、家の外で日差しを調整します。

日射の調整はカーテンやブラインドでもできますが、できる限り家の外側で行うほうが効果的です。

 

太陽光発電で地球にもお財布にも優しく

今後、電気料金の値上がりがあったとしても家計に影響が少なくすむように、太陽光発電の導入をおすすめしています。安心して生活できることに加え、私たちが住む地球環境にも優しい選択です。

 

高気密高断熱の高性能住宅

基礎断熱・壁断熱・屋根断熱と、室内と屋外の温度が行き来しないように、断熱材を隙間なく詰め込んだ断熱施工に力を入れています。また、家をラップで包み込むようなイメージで、限りなく隙間を少なくする気密施工を行うことで湿度もコントロールします。

断熱と気密はセットで考え、快適な住環境を実現します。

 

小屋裏エアコン・床下エアコンでエアコン効率UP!

温かい空気は下から上に、冷たい空気は上から下に流れる自然の摂理に沿って、空気を循環させていきます。こうすることで少ないエアコン台数で効率的に家中の空気をコントロールできます。

 

 

これらを設計するときに考えながら、正しい家づくりを行っていきます。

正しい家づくりをすることは、結露やシロアリなどで家が傷みにくく、

また建てた後のメンテナンスを適切に行うことで、長持ちすることにつながります。

家は建ててからがスタートです。

みなさんの暮らしが豊かで、笑顔あふれる時間になるように。

そしてそこで暮らす人が主役でいられるように、

「暮らしの器」として、ふさわしい空間をご提供しています。

 

商品ラインアップ|家づくりの考え方

ページトップへ