スタッフブログ

大角 里菜 自己紹介へ

樹脂サッシって何?アルミサッシと何が違うの?

2022/06/07(火) 家づくりのこと

皆さんこんにちは。

カスケの家スタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。
新築事務の大角です。

 

近年では、様々なタイプのサッシがラインナップされています。
日本の住宅の窓にも少しずつ普及し始めている「樹脂サッシ」。
断熱性の高さで注目されているサッシですが、現在の主流であるアルミサッシと比較すると、具体的にどのような特徴があるのでしょうか?

今回は「樹脂サッシ」についてです。

 

樹脂サッシって何?樹脂サッシって色々すごいんです!

 

樹脂サッシとは

 樹脂サッシとは、窓のフレームが樹脂製でできている複層ガラスなどで構成された窓のことです。
断熱/遮熱/気密性に非常にすぐれています。日本においては、北海道での普及率は約90%を占めています。

 

樹脂サッシのメリット

断熱性が高い

樹脂サッシは、アルミサッシと比較して、約2.6倍の断熱性能となります。樹脂が熱を伝えにくく、アルミの1/1000程度とされています。室内温度の安定性や安定した温度から得られる省エネルギー効果、光熱費の削減、冬のヒートショック対策などのメリットがあります。

 

結露が生じにくい

樹脂サッシは、熱の伝わりが少なく、室内側サッシの表面も冷え難いため結露を軽減することが可能です。結露を軽減することで、結露を原因として窓廻りに発生するカビ・ダニを防ぐことで快適な室内を実現することが可能となります。

 

防音効果が期待できる

樹脂サッシはとても気密性が高い製品。この気密性はサッシの隙間から漏れる空気の量が少ないことを意味します。そして、その気密性の高さはそのまま、サッシの隙間から漏れる音が少なくなることも意味します。

 

アルミサッシとの比較

アルミは軽くて丈夫であるため、耐久性に優れていますが、アルミそのものが熱を伝えやすい素材であるため、窓としての断熱性能が劣り、結露しやすい窓に。今後、日本でも新築住宅に対する省エネ性能が求められており、新築住宅でのアルミサッシ採用は減少していく可能性が考えられます。

 

カスケの家では樹脂サッシが標準仕様

窓サッシは家の性能で一番重要な部分です。
カスケの家では断熱性重視のためオール樹脂サッシペアガラスを標準仕様にしています。

 

また、サッシ廻りの細かい処理が高い気密性と防水性を生み出します。ひと手間かけることが大切です。
漏水事故の大半がサッシ廻りと言われています。施工基準に沿って施工されているかの確認を重視しています。


家と暮らす。家と歩む。

◆リフォームを長年してきたからこそわかる、新築住宅のあり方
創業明治16年の安藤嘉助商店カスケホームの新築住宅「カスケの家」。
性能にこだわった家づくりをしています。末永く住み続けられる“コスパ最適快適住宅”をご提案いたします。
 
◆イベント開催中!
見学会や相談会など、随時開催していますので、岡山市、倉敷市、総社市、笠岡市、浅口市、井原市で新築住宅をお考えの方は
ぜひ一度イベントへご参加ください!
 
◆SNS更新中

公式SNSアカウントでも「カスケの家」の家づくりをお届けしていますので、ぜひフォローをお願いいたします^^

 

記事一覧

1ページ (全38ページ中)

ページトップへ