スタッフブログ

安藤 辰 自己紹介へ

気密測定をしてきました。 安藤辰

2020/09/18(金) 家づくりのこと

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。
株式会社カスケホームの安藤です。

本日は、気密測定でした。

快適で、長持ちする家づくりには、高い機密性能を確保することは最重要です。

気密性は、C値を根拠にすることができます。

簡単に言えば、「家にどのくらいの隙間があるのか」を機械を使って測定しています。

値が小さければ小さいほど良いとされています。

今回は、「0.5」でした。とてもいい結果です。

コストパフォーマンスに優れた気密施工として、カスケホームの注文住宅では、

高性能グラスウールを充填して、気密シートを貼る工法を選択しています。

もちろん、吹付ウレタン断熱を施工すれば、C値ももう少し下がるのはわかっていますが、

弊社では、グラスウールやセルロースファイバーなどの繊維系の断熱材をお勧めしています。

長い目で見れば、そちらの方がよいと考えるからです。

ただ、断熱材は百花繚乱。すべてのものに、メリット、デメリットがあります。

一番大切なのは、施工精度。どれだけ、細やかな施工ができるかが最も大切なのです。

注文住宅では、全棟気密測定を実施しています。

 


 

◆リフォームを長年してきたからこそわかる、新築住宅のあり方
創業明治16年の安藤嘉助商店の注文住宅ブランド「カスケの家」。
デザインと性能にこだわった家づくりをしています。末長く住み続けられる新築住宅をご提案いたします。
 
◆イベント開催中!
見学会や相談会など、随時開催していますので、岡山市、倉敷市、総社市、笠岡市、浅口市、井原市で新築住宅をお考えの方は
ぜひ一度イベントへご参加ください!
 
◆SNS更新中

Instagram Facebook
公式SNSアカウントでも「カスケの家」の家づくりをお届けしていますので、ぜひフォローをお願いいたします^^

記事一覧

1ページ (全20ページ中)

ページトップへ