塔本 良平 自己紹介へ

地縄貼り

2023/04/25(火) 家づくりのこと

こんにちは設計の塔本です。

 

皆さんは『地縄貼り』という言葉を聞いたことはありますか??

地縄張りはお家づくりにおけるとても大切な作業で、敷地の中でどのあたりにお家を建てるかを、把握するために行います。

ただ把握するだけではなく、その地縄を参考に地盤の強さを調査を行います。

そんな大切な地縄張りですが、弊社ではお客様に確認していただくタイミングを設けております。

 

その確認をした際に99%の方に言われるのが、

「あれ、家ちっちゃくないですか」

毎回言われます。必ず言われます。

最近は言われることを楽しみにしているまであります。

なぜそう見えるかというと、、、

高さの情報がないので平面的に捉えてしまい、脳が錯覚するようです。

 

これからおうち作りをする方は、地縄を確認するタイミングが来たら、

不安にならず、図面と設計士を信じてみてください。(笑)

知識として知っておくと、「ほんとだ、小さく見える笑」といった具合で

楽しめるかもしれませんね。

 

ではまた。


家と暮らす。家と歩む。

◆リフォームを長年してきたからこそわかる、新築住宅のあり方
創業明治16年の安藤嘉助商店カスケホームの新築住宅「カスケの家」。
性能にこだわった家づくりをしています。末永く住み続けられる“コスパ最適快適住宅”をご提案いたします。
 
◆イベント開催中!
見学会や相談会など、随時開催していますので、岡山市、倉敷市、総社市、笠岡市、浅口市、井原市で新築住宅をお考えの方は
ぜひ一度イベントへご参加ください!
 
◆SNS更新中

公式SNSアカウントでも「カスケの家」の家づくりをお届けしていますので、ぜひフォローをお願いいたします^^

 

1ページ (全76ページ中)