大角 里菜 ◇◇◇

総二階の家ってどんなお家?知らなかった!メリット・デメリットをご紹介

2024/04/18(木) 家づくりのこと

カスケの家スタッフブログをいつもご覧いただき、ありがとうございます。
新築事務の大角です。

皆さんは総二階のお家にどんなイメージをお持ちですか?
外観が四角くて、ローコスト…そんなイメージが強いかと思います。

実は、総二階住宅にはメリットがたくさんあります!
今回はそんな総二階住宅のメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。

 

総二階とは?

2階建ての住宅において、1階と2階の面積がほぼ等しい作りを総二階住宅と呼びます。
凹凸がなくシンプルなストンとした外観が特徴です。

図の2つの住宅は床面積は全く同じです。しかし1階の床面積が異なります。
総二階住宅の方が1階の面積が小さいため、基礎面積が小さくなり、基礎工事代金が安くなるということです。

 

総二階にはどんなメリット・デメリットがあるの?

 

【総二階の5つのメリット】

①材料費や施工費のコストダウンができる

総二階建ての家はシンプルな四角形で凹凸が少ないため、施工のコストを減らすことができます。
また、全体的に見ても、設計がシンプルなことが多いので、工事がスムーズで手数や手間も削減することができます。

部屋数や配置によっても大きく異なりますが、同じ延べ床面積の家を建てるとするならば最も費用が抑えられる手法になります。

 

②防犯性能が高くなる

総二階の住宅は家全体で凹凸が少なく、2階への侵入口ができない構造になっています。

そのため、1階部分を足場にして2階へ侵入される心配もなく、2階の防犯性を高められます。

 

③地震に強い

壁面や柱の位置が揃っている総2階は、地震が起こったときの安定性が高く、揺れに強い構造となっています。総二階は平面が長方形や正方形、または長方形と正方形の組み合わせになるので、バランスが良くなり、耐震性が高まります

地震が起きた際にも、負荷を家全体に分散させることができます。

 

④断熱性・気密性が高い

凹凸が少なく表面積を最小限に抑えられる総二階建ては、室内の熱が逃げにくい造りとなります。屋根が部分二階よりも少ない総二階は、コストを抑えれれるだけではなく、断熱性の確保にも優れます。

また、凹凸が少ないことから、断熱材や気密シートの施工がしやすいため、断熱性・気密性の高い家を作りやすくなります。

 

⑤土地を最大限利用できる

総二階の家は、1階、2階の床面積が均一なので、狭い土地でも家を建てやすいです。また総二階の家にすれば、土地が狭かったとしても、2階を広く設けることができます。

建ぺい率や容積率など、土地の規制により差異はありますが、狭小地の土地でもできる限り広くすることを可能にします。広い床面積を確保して、空きスペースも作り出せるのは総二階ならではの魅力です。

 

【総二階の3つのデメリット】

①外観デザインがシンプルになりやすい

総二階の家は凹凸がなく単調なデザインになってしまいがち。仕上げによっては、つまらない、安っぽく感じるという方もいらっしゃいます。

ですが、凹凸でデザインを作るのではなく、窓の配置の仕方や外観の配色、片流れ屋根等でデザイン性を高めることは十分に可能です。

 

土地探しが難しくなる

狭い土地でも面積を最大限に生かせる総二階建てですが、部分二階と違い、2階部分に奥行きが必要となります。そのため、長方形や正方形で整った形の土地が適しています。

複雑な形状の土地に総2階を建てようとすると、家が狭くなったり、無駄な空きスペースができたりする可能性も…。

また、土地の法的制限、特に斜線制限(北側斜線制限・道路斜線制限)等の規制によっては総2階の家が建てられないこともあります。あらかじめ土地の状況を確認しておくことが重要です。

 

間取りなど、内装の配置が難しくなる

自然に間取りを描くと、1階には、玄関・LDK・浴室・洗面室・トイレなど、生活する上で不可欠な部屋を配置する必要があるため、1階の間取りは2階の間取りより大きくなりがちです。一方で2階に配置するのは寝室と子供部屋くらいです。

階を広々と作った場合は2階も広くしなければ総2階にならないため不必要に2階の面積を大きくなってしまいます。

それぞれの階にどのお部屋を配置するか、バランスが重要になってきます。

 

まとめ

 

総二階のメリット・デメリットはいかがだったでしょうか?
施工費用の割安さや耐震性のメリットなどから選択されやすい総二階建てについて紹介させていただきました。

メリットの多い総二階住宅、選ばれる方が増えています。
一方でデメリットはつきもの…間取り配置の難しさや外観のデザインなどありますが、工夫をすれば解決することができます!

もし、総二階のお家に興味をお持ちでしたら、カスケの家の設計士のご相談ください。
間取りのご要望と土地の状況を把握した上でご家族にとってベストな家づくりを探してみてくださいね。