スタッフブログ

國生 大 自己紹介へ

商社様イベントにてV2Hについて勉強してきました!

2023/01/30(月) 家づくりのこと

こんにちは、設計部の國生です!

先日『OKAYAMA HOME SHOW 2023』という提携商社様のイベントに参加しました。

今回のイベントは、様々なメーカーが建築のプロ向けに最新の情報やサービスを提案する、というようなイベントです。

新しい換気システム、蓄電池やV2Hシステム、耐震フレーム、断熱診断キット、など、新築住宅でもリフォームでも重要な商品、サービスをたくさん提案していただきました。

そこで今回はイベントで勉強したV2Hというシステムをご紹介したいと思います!

V2Hというのは、『Vehicle to Home』といって、電気自動車(EV車)やプラグインハイブリッド車(PHV車)にバッテリーとして搭載されている電池に蓄えられている電力を自宅の電気として使用することができるようにするシステムのことです。

このようなシステムになります。

太陽光の設置を前提として考えた時、V2Hを導入する場合のメリットは、

①電気自動車が蓄電池の役割になる

②一般住宅に設置するEV用電源よりも急速な充電ができる

デメリットとしては、

①蓄電池よりも初期費用が高い(移動手段、蓄電池の両方を兼ねているので、高いと考えるかどうかは人によって違うと思いますが、V2H自体も中々の金額です。。。)

ということがあります。

電気自動車の普及、電気料金の高騰に伴って、V2Hの導入も増えていくような気がしています。

導入に際して、蓄電池の方が良いのか、電気自動車の方が良いのか、両方とも導入がいいのかなど、どの選択肢にも様々なメリット、デメリットはあると思いますが、電気自動車購入の計画がある方は一度検討してみてもいいかもしれません。

記事一覧|2023年1月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ