スタッフブログ

山田 真司 自己紹介へ

焼き杉板

2021/01/28(木) 家づくりのこと

カスケホームの山田です。

外壁に使う焼き杉板が到着しました。


ほとんどの住宅はサイディングを選んでいます。

選ばれる理由は、防火性能や施工性やコスト面です。

合理的であると思いますが、

焼き杉板も価格が安く、杉板ゆえ耐候性もあります。

経年で表面に変化が出ますが杉板自体が

腐りにくいのでメンテナンスフリーの素材です。





問題は焼き杉自体が防火認定を持っていないことですが、

燃えると表面が炭化するため延焼を遅らせるのと

構造体は耐力面材を耐火性能のある認定品を

使っているので焼き杉板の外壁を採用できています。

火災に強い家になっています。

 

 


◆リフォームを長年してきたからこそわかる、新築住宅のあり方
創業明治16年の安藤嘉助商店の注文住宅ブランド「カスケの家」。
デザインと性能にこだわった家づくりをしています。末長く住み続けられる新築住宅をご提案いたします。
 
◆イベント開催中!
見学会や相談会など、随時開催していますので、岡山市、倉敷市、総社市、笠岡市、浅口市、井原市で新築住宅をお考えの方は
ぜひ一度イベントへご参加ください!
 
◆SNS更新中

Instagram Facebook
公式SNSアカウントでも「カスケの家」の家づくりをお届けしていますので、ぜひフォローをお願いいたします^^

記事一覧

1ページ (全13ページ中)

ページトップへ