スタッフブログ

安藤 辰 自己紹介へ

目地の少ない外壁サイディング 安藤辰 

2020/08/19(水) 家づくりのこと

最近、メンテナンスフリーの外壁材はないですか?と聞かれることが多くなりました。
普通の外壁サイディングでは、10~13年後に100万程度の外壁塗装が必要になります。
生涯に3回塗るとして、300万~400万。やっぱり大きな費用ですね。

でもメンテナンスが不要な外壁材っていうのはなかなかないです。

タイルやシラス壁、しっくいなど比較的長持ちする外壁材もありますが、メンテゼロではないですし、
イニシャルコストが高いので、コスパで考えれば、実はサイディングが一番という気もします。

そのサイディングの中でも、目地が少なく、耐久年数の長いものが主流になってくるかもしれません。
その施工例がこちらです。

ニチハ フュージェ

https://www.nichiha.co.jp/wall/linenap/fuge.html

確かに、目地が少なくてかっこいいですね!

他にも、ケイミューの光セラも人気です。

https://www.kmew.co.jp/shouhin/siding/hikaricera/

少し高いですが、おすすめです!



 


◆リフォームを長年してきたからこそわかる、新築住宅のあり方
創業明治16年の安藤嘉助商店の注文住宅ブランド「カスケの家」。
デザインと性能にこだわった家づくりをしています。末長く住み続けられる新築住宅をご提案いたします。
 
◆イベント開催中!
見学会や相談会など、随時開催していますので、岡山市、倉敷市、総社市、笠岡市、浅口市、井原市で新築住宅をお考えの方は
ぜひ一度イベントへご参加ください!
 
◆SNS更新中

Instagram Facebook
公式SNSアカウントでも「カスケの家」の家づくりをお届けしていますので、ぜひフォローをお願いいたします^^

記事一覧

1ページ (全13ページ中)

ページトップへ