國生 大 自己紹介へ

外断熱施工研修

2023/12/12(火) 家づくりのこと

こんにちは、設計部の國生です。

 

先日前職の時からお付き合いのある建材メーカーさんから誘っていただき、外壁施工の見学に行ってきました。

今回の外壁材はSTO(シュトー)という塗り壁材です。

STOは下地材にEPSボード(ビーズ法ポリスチレンフォーム)という断熱材を使用する外断熱工法の外壁です。

通常の塗り壁は無塗装のサイディングを下地材としております。

カスケの家では壁の断熱は壁内充填断熱+気密シートを標準としており、外断熱を使うことはほとんどありません。

が、今回はリフォームでの使い勝手がいいということもあり、施工研修に参加してみました。

研修の様子がこちらです。

実際の現場でEPSボードの施工方法を教えてもらいました。

施工方法を教えてもらった後に施工事例や細かい納まりについての講習があり、とても勉強になる研修でした。

 

新築としては結露計算やUA値の検討、気密の取り方、アフターメンテナンスなど、今のカスケの家の工法とリンクさせながらまだまだ検討が必要なのかなと感じました。

そしてリフォームで使うことに関しては、とても使い勝手がよさそうです。

現状の外壁の上からEPSボードを貼り、塗り壁を施工することができます。

こうすることで住みながらの性能向上、外壁やり替えができるため、お客様へのメリットが大きように感じました。

 

また、STOは仕上げ材としても優秀で、

①クラックが少ないこと

②超撥水性能により汚れが付きにくいこと

③カラーバリエーションが多いこと

がメリットとして挙げられます。

 

金額的には通常の塗り壁よりも高いため、大幅な金額アップにはなってしまいますが、塗り壁にしたい場合のオプションの一つとして考えるのもありなのかなと思いました。

その他にも内装の塗り壁材なども教えていただき、いいインプットの時間になりました。

カスケの家との相性を考えながらお客様への提案に活かしていきたいと思います!


家と暮らす。家と歩む。

◆リフォームを長年してきたからこそわかる、新築住宅のあり方
創業明治16年の安藤嘉助商店カスケホームの新築住宅「カスケの家」。
性能にこだわった家づくりをしています。末永く住み続けられる“コスパ最適快適住宅”をご提案いたします。
 
◆イベント開催中!
見学会や相談会など、随時開催していますので、岡山市、倉敷市、総社市、笠岡市、浅口市、井原市で新築住宅をお考えの方は
ぜひ一度イベントへご参加ください!
 
◆SNS更新中

公式SNSアカウントでも「カスケの家」の家づくりをお届けしていますので、ぜひフォローをお願いいたします^^

 

1ページ (全72ページ中)