スタッフブログ

山田 真司 自己紹介へ

心地よさと天井高

2021/03/03(水) 家づくりのこと

設計担当の山田です。

天井高は高い方が良い。

よく聞きますし、ほとんどの方が天井高い方がいいと言われます。

間違いではないと思います。


天井高は壁に張る材料の大きさで決まる。

??

ほとんどの工務店さんがそうされてます。

〜作業効率をはかるためです。


表し梁をしたい方かなりいらっしゃいますが、

表し梁の良さは天井高が少し高くなる他、

梁の質感の良さと天井に重みを持たせることによって空間をデザインします。






天井のデザインの方法はまだまだたくさんあります。

その中でも心地よさを表現する手法は建物によって検討していきます。


今回は針葉樹合板を表しとし、屋根と同じ傾斜で勾配天井にしました。

キッチンは天井高をおさえ、リビングを高くすると解放感が生まれます。

また、屋根断熱材105mm×2重を支える下地をそのまま天井下地として利用し針葉樹合板を

仕上げにしました。

防湿高気密高断熱を実現しながら木目を活かした天井は、コストを抑えながらも質感を
高める一つの方法と思います。



キッチン側は低く。

リビング側へと緩やかに高く、そして開放的に。

光の広がる方へ。

リビングとつながるロフトには冷房エアコンをつけて部屋全体に。

 


◆リフォームを長年してきたからこそわかる、新築住宅のあり方
創業明治16年の安藤嘉助商店の注文住宅ブランド「カスケの家」。
デザインと性能にこだわった家づくりをしています。末長く住み続けられる新築住宅をご提案いたします。
 
◆イベント開催中!
見学会や相談会など、随時開催していますので、岡山市、倉敷市、総社市、笠岡市、浅口市、井原市で新築住宅をお考えの方は
ぜひ一度イベントへご参加ください!
 
◆SNS更新中

Instagram Facebook
公式SNSアカウントでも「カスケの家」の家づくりをお届けしていますので、ぜひフォローをお願いいたします^^

 

記事一覧

1ページ (全15ページ中)

ページトップへ