スタッフブログ

大角 里菜 自己紹介へ

大地震に備え、家族の命を守る家

2022/09/12(月) 家づくりのこと

カスケの家スタッフブログをいつもご覧いただき、ありがとうございます。
新築事務の大角です。

 

日本列島は「地震列島」といわれるほど地震が多い国です。

カスケの家ではせっかく建てた家が地震で倒壊しないよう、地震に強い耐震等級3以上の家を建てています。

家づくりにおいて重要なことは、まず「強」。強いことです。家族を危険から守る頑丈さと、大切な資産として残っていく耐久性を併せ持っていることが重要です。

 

大地震に備え、家族の命を守る家

地震から命を守る

 

 

地震大国・日本にとって、地震に強い家づくりは欠かせないものです。私たちは1棟ずつ構造計算を行って「耐震等級3」を最低ラインとして家づくりをしています。
「地震から家を守る。家族の命を守る」という使命のもと、耐震には力を入れています。

 

耐震等級って何?

【カスケの家は全棟耐震等級3】

 

耐震等級とは、地震に対する建物の強さ(耐震性)を表す指標の事で、地震が起きたときの強さについて、等級1~3の数字で示しています。
等級は数字が大きければ大きいほど耐震性が高いと評価され、1より2のほうが耐震性に優れているとなります。また、2より3の方が優れており、等級3が最高等級となります。
耐震等級では、地震があった際に建物がどのぐらい耐えられるのか、地震に強い建物かどうかなどを判断しています。

 

「耐震等級3」取得をおすすめします

【木造住宅を新築するなら耐震等級3は必須】

 

 

耐震等級3と耐震等級3“相当”の違いをご存じですか?
耐震等級3“相当”の建物とは、耐震等級3相当の性能を持っているであろうというだけで、住宅性能評価機関への申請をせず、正式な認定を受けていない建物の事。
つまり、実際の耐震性能は不明ということになります。


家と暮らす。家と歩む。

◆リフォームを長年してきたからこそわかる、新築住宅のあり方
創業明治16年の安藤嘉助商店カスケホームの新築住宅「カスケの家」。
性能にこだわった家づくりをしています。末永く住み続けられる“コスパ最適快適住宅”をご提案いたします。
 
◆イベント開催中!
見学会や相談会など、随時開催していますので、岡山市、倉敷市、総社市、笠岡市、浅口市、井原市で新築住宅をお考えの方は
ぜひ一度イベントへご参加ください!
 
◆SNS更新中

公式SNSアカウントでも「カスケの家」の家づくりをお届けしていますので、ぜひフォローをお願いいたします^^

 

記事一覧

1ページ (全43ページ中)

ページトップへ