大角 里菜 ◇◇◇

1坪ってどの位の広さ?マイホーム購入前に知っておくと便利な面積について

2023/09/21(木) 家づくりのこと

カスケの家スタッフブログをいつもご覧いただき、ありがとうございます。
新築事務の大角です。

マイホームを検討すると、よく目にする坪数の表記。
広さを表す単位なのですが、急に「1坪」と言われても、一体どれぐらいの広さなのかわからない方も多いのではないでしょうか?

1坪の広さが把握できれば、ご自身の求めているちょうどいい広さがわかり、家づくりがしやすいかもしれません。
今回はそんな「坪数」についてご紹介します。家づくり計画の際には是非お役立てください!

 

1坪の広さはどれくらい?

 

 

家や土地でよく使用する単位は3種類

 

住居の広さを表す単位には、「坪」「平方メートル」「畳」の3つがあります。
1平方メートルは1メートル四方の面積です。1坪は1辺1.82メートルの面積で、2畳分の広さがあります。実はこれを覚えておけば、とっても便利です。

 

 

知らなかった!畳の大きさは地域によって違います。

 

 

「1畳」とは畳1枚分の広さのことを言います。

さきほど、1坪は1辺1.82メートルの面積で、2畳分の広さと表記しましたが、畳は地域性が強く、その地方ならではの呼び方があり、その大きさもまちまちなんだそうです。

最も大きなサイズの畳は、京都と中心とした関西地方ならびに九州・四国地域で使用される「京間」です。それより少し小さいサイズが、「六一間」と呼ばれる畳で、私たちが住む岡山などの山陰地方で使用されています。

 

 

このように、畳1枚の大きさは地域によって大きな差があるのですが、現在はエリアに関係なく採用される場合もあり、居室の畳数を表記する不動産広告は、「1畳=1.62平方メートル」を基準として換算するルールがあるそうです。

 

1平方メートルは何坪?計算方法は?

 

 

1平方メートル(平米)=0.302坪、1坪=3.306平方メートルです。

物件情報などに記載されている面積の表記単位は、物件によってそれぞれ異なるため、広さが分かりにくい場合もありますよね。
しかし、坪・平方メートルを換算する計算方法を知ることで、物件を比較する際に広さをイメージしやすくなります。

面積がわかれば坪数も簡単に判明します。1平方メートルから坪数を求める場合、下記の計算方法を使います。

 

坪数=平米数×0.3025

 

細かい数字を暗記するのは大変なので、1坪の約1/3が1平方メートル、1平方メートルの約3倍が1坪、1坪は畳約2枚分と覚えておくと便利ですよ。

 

まとめ

家を建てる際に家の広さをイメージするためには、1坪は畳2枚分1坪は約3.3㎡。この2つを覚えておけば、家づくりの際もおおよその広さのイメージができるのではないでしょうか?

「坪」という単位はイメージがつかみにくいですが、平方メートルに計算し直すことでイメージがつかみやすくなります!
1坪=3.3㎡(おおよそ1.8m×1.8m)と円周率のように覚えておけば楽ちんです。ぜひ参考にしてみて下さいね。


家と暮らす。家と歩む。

◆リフォームを長年してきたからこそわかる、新築住宅のあり方
創業明治16年の安藤嘉助商店カスケホームの新築住宅「カスケの家」。
性能にこだわった家づくりをしています。末永く住み続けられる“コスパ最適快適住宅”をご提案いたします。
 
◆イベント開催中!
見学会や相談会など、随時開催していますので、岡山市、倉敷市、総社市、笠岡市、浅口市、井原市で新築住宅をお考えの方は
ぜひ一度イベントへご参加ください!
 
◆SNS更新中

公式SNSアカウントでも「カスケの家」の家づくりをお届けしていますので、ぜひフォローをお願いいたします^^

 

1ページ (全76ページ中)