スタッフブログ

大角 里菜 自己紹介へ

1階完結型ってどんな間取り?

2022/12/14(水) 家づくりのこと

カスケの家スタッフブログをいつもご覧いただき、ありがとうございます。
新築事務の大角です。

老後には2階が使われていないお家はよくあるようです。
昨今の社会情勢の変化により、おうちで過ごす時間が増え、1階で生活動線が完結する『1階完結型の間取り』が注目されています。

マイホームをご検討中でしたら、ぜひ考えてみて下さい。
今後の生活の変化を見すえる際、参考になるアイデアがみつかれば幸いです。

 

2階は寝るだけ!1階完結型の間取りについて

 

1階完結型の間取りとは?

1階完結型の間取りとは、2階建てなのに2階に上がらなくても1階だけで生活が完結できる間取りのこと。
1階に水まわりやファミリークローゼットなどを集約し目いっぱい充実させ、1階に確保できなかった部屋を2階に配置することで平屋のような生活を実現できるのが特徴。
老後を見据えた間取りとして注目されています。

 

1階完結型の特徴とは?

2階建てなのに、1階だけで生活動線が完結する間取りなので、2階に上がる機会がほとんどありません。いわば、平屋のような2階建てです。
洗濯物干し場(ベランダ、バルコニー)や私室のクローゼットなど、可能な限り1階を充実させ、一般的には2階にあるものを1階につくります。そうすると、寝るとき以外は1階で過ごせます。

 

1階完結型の間取りアイデア

①ファミリークローゼット

ファミリークローゼットとは、家族が一緒に使うクローゼットのこと。クローゼットは各私室に分散してつくるのが一般的ですが、ファミリークローゼットはそれを一か所に集約します。1階にファミリークローゼットを設けると生活動線が短くなりますので、おすすめです。大きめのファミリークローゼットがあれば、衣類だけでなく身の回り品も収納できます。

 

②ランドリールーム

 

ランドリールームとは、洗濯に関する家事をするための部屋のことです。ランドリールームが1階にあると、1階と2階の往復移動を減らすことができます。
ランドリールームでは「洗う・干す・取り込む・アイロンがけ・たたむ」がすべて一室でおこなえます。となりにファミリークローゼットがあれば「たたんだものをしまう」まで1階で完結できます。

 

③ワークスペース

テレワークや在宅勤務を導入する企業の増加にともない、ご自宅にワークスペースを設ける方が増えました。
ご自宅でお仕事をされる方は、ご家族共有のワークスペースをつくってみてはいかがでしょうか。お子様が宿題をできるようにしておくと、子ども部屋の家具はベッドと簡単な収納家具だけで済みます。

 

④和室(畳スペース)

老後になると、2階には上がらなくなります。子供がいるうちは2階に部屋が必要ですが、子供が家を出ていったあとは、夫婦2人なので2階は、収納スペースになってしまいます。1階に立派な主寝室を確保するとリビングや収納を圧迫するので、おススメは和室です。敷き布団が2枚敷ければ寝室になりますし、若いうちはリビングの一画として、子どもの遊び場にでもすれば良いですね。

 

まとめ

足腰が弱ると、想像以上に2階へ行くのがおっくうになるものです。「年老いた祖父母の家の2階が、物置になってしまっている」という方が、きっと少なくないでしょう。
1階で生活動線が完結する家なら、老後も安心です。新生児や幼児がいるご家庭も、子どもを抱っこして2階へ上がる機会が減るうえ、授乳やオムツ替え、着替えの際も準備がラクになりますね。


家と暮らす。家と歩む。

◆リフォームを長年してきたからこそわかる、新築住宅のあり方
創業明治16年の安藤嘉助商店カスケホームの新築住宅「カスケの家」。
性能にこだわった家づくりをしています。末永く住み続けられる“コスパ最適快適住宅”をご提案いたします。
 
◆イベント開催中!
見学会や相談会など、随時開催していますので、岡山市、倉敷市、総社市、笠岡市、浅口市、井原市で新築住宅をお考えの方は
ぜひ一度イベントへご参加ください!
 
◆SNS更新中

公式SNSアカウントでも「カスケの家」の家づくりをお届けしていますので、ぜひフォローをお願いいたします^^

 

記事一覧

1ページ (全48ページ中)

ページトップへ