スタッフブログ

岡本 博史 自己紹介へ

住みやすい家をお客様と考える

2022/12/13(火) 設計コラム

コロナの影響で、いろいろ高騰していますが、建築資材も上がっています。
私共はこの高騰した価格にだいぶ慣れてきてしまいました。
ただ、やはり家にそれほどお金をかけ過ぎるのは…とも考えています。

建築コストを下げるには、安い材料を使う、手間を省く、建物の面積を減らす等、考えられます。1番効果が高いのは建物の面積を減らす事ではないでしょうか。だからといって、LDKを小さくするのは避けたいですね。収納も必要な物は必要です。

住む方の暮らしによって優先順位は変りますが、寝室等の個人のお部屋はどうでしょうか?
私が思う理想の家族の暮らし方は、LDKになるべく家族全員が集まり、長い時間を過ごす事です。
その為にLDKはご予算を多く使いたい場所です。
寝室は、ベットが置ければ十分で、お子様のお部屋は、ベットと机が置ければ良いのではないかと思っています。

また、一番長く住まわれるのはご夫婦です。
出来れば、ご高齢になった時の配慮もして、一階に就寝出来るスペースを取りたいと考えています。
回遊性とかファミリークローゼットやシューズインクローゼットなどSNSで良く見るものもご予算やスペースに余裕があれば、ぜひ取り入れたいですが、少し優先順位は下がって来ます。

値段が上がったことで、本当に必要な物をきちんと考え、住みやすい家をよりお客様と考えられるようになり、打合せがより楽しいものになっています。

 


家と暮らす。家と歩む。

◆リフォームを長年してきたからこそわかる、新築住宅のあり方
創業明治16年の安藤嘉助商店カスケホームの新築住宅「カスケの家」。
性能にこだわった家づくりをしています。末永く住み続けられる“コスパ最適快適住宅”をご提案いたします。
 
◆イベント開催中!
見学会や相談会など、随時開催していますので、岡山市、倉敷市、総社市、笠岡市、浅口市、井原市で新築住宅をお考えの方は
ぜひ一度イベントへご参加ください!
 
◆SNS更新中

公式SNSアカウントでも「カスケの家」の家づくりをお届けしていますので、ぜひフォローをお願いいたします^^

 

記事一覧

1ページ (全48ページ中)

ページトップへ