スタッフブログ

安藤 辰 自己紹介へ

頑丈な躯体を維持するには 安藤辰

2020/10/02(金) 家づくりのこと

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。
株式会社カスケホームの安藤です。

耐震等級3を確保すれば、地震につよい住宅になります。
ただし、それは土台や柱が強度を保っていることが前提になります。

高温多湿な日本では、シロアリに食われたり、壁の中の結露による腐食で、構造材が弱くなり構造の強さを保つことができにくく、それが木造住宅の唯一の弱点です。

このような事態にならないようにしっかりと、防湿処理をする必要があります。
弊社では、べーパーバリア施工を施し、壁内結露を防ぐようにしていますが、それだけではシロアリからは守れません。

そこで、注文住宅では、「腐らない木材」を土台と柱に採用できるようにしています。
お客様に選んでいただきます。

ハウスガードシステム

です。30坪の家で、約30万円の予算アップで実現できます。
10年保証がついており、20年保証に延長することも可能です。

知名度はまだ低いですが、この工法は素晴らしい!と思い採用いたしました。近々、ハウスガードシステムを採用した新築を上棟しますのでまたレポートします。

ご興味がございましたら、ぜひご覧ください。

ハウスガードシステム









◆リフォームを長年してきたからこそわかる、新築住宅のあり方
創業明治16年の安藤嘉助商店の注文住宅ブランド「カスケの家」。
デザインと性能にこだわった家づくりをしています。末長く住み続けられる新築住宅をご提案いたします。
 
◆イベント開催中!
見学会や相談会など、随時開催していますので、岡山市、倉敷市、総社市、笠岡市、浅口市、井原市で新築住宅をお考えの方は
ぜひ一度イベントへご参加ください!
 
◆SNS更新中

Instagram Facebook
公式SNSアカウントでも「カスケの家」の家づくりをお届けしていますので、ぜひフォローをお願いいたします^^

記事一覧

1ページ (全13ページ中)

ページトップへ