スタッフブログ

大角 里菜 自己紹介へ

カスケの家の気密性

2022/01/12(水) 家づくりのこと

皆様こんにちは!
新築事務の大角です。

 

寒いのが苦手な私は冬が嫌いです(´;ω;`)この時期になるといつも『あったかい家に住みたい…』と思います。
そうです、こんな寒い冬こそ、快適さを実感しやすいのが気密性の高い家です!

気密性とは、家の密閉性を表すもので簡単に言ってしまうと、隙間がたくさんあるのか、それとも隙間が少ないか、ということです。
隙間のある家は外からの風が入りやすくなるため安定した室温を維持しにくくなります。

快適に生活していくためには外部からの影響を受けにくくするために気密性を高めることがとても重要になります。
カスケの家では、図書館のように暑くもなく寒くもない、居心地の良さを目指しています。

 

高性能グラスウール

カスケの家では、コスパ最適な家づくりを掲げています。
断熱材や工法は多種多様ですが、最もコスパがよいのが、

高性能グラスウールと気密シートの組み合わせです。

グラスウールというとローコストで性能が良くないというイメージをお持ちの方もいらっしゃいます。
それは少し昔の時代の話ですし、袋に入ったグラスウールをタッカーで止めていくのではなく、裸のグラスウールをしっかり充填し、気密シートを連続で貼り込み、気密テープで処理することで、とても高い断熱性能と気密性能をコスパ良く実現することができます。

防湿・気密シート

こちらの黄色のシートが、室内側に施工する「防湿・気密シート」(商品名インバリア 三菱ケミカル)です。
私たちは、住宅には室内側に防湿層を設けることが必須だと考えています。

 

気密部材

最高度に家の気密を高めるためにはコンセント廻りの丁寧な処理が欠かせません。
壁を降りてくる冷やされた空気が室内に入ってこないようにします。

 

防湿・気密シート

壁、天井に「連続した」防湿フィルムを丁寧に貼り込んでいくことで、気密性能も格段に上がります。
一般的には、フィルムに入った断熱材を「留めて」いく工法が多いのですが、ここはひと手間かけて、防湿層をつくることでワンランク上の住宅になります。

 

気密測定の実施

いよいよ気密測定です。
家の気密性は「C値」(隙間相当面積)で表され、その家にどのくらいの隙間があるのかを示します。
家の計画的な換気や冷暖房の効きに大きな影響を与えます。

 

カスケの家では家の気密性を上げるために、完成してからでは見えない部分に労力を割いています!
『住み始めてから、暖かい!』というお喜びの声をいただくには、手は抜けません。

現場レポートでは現場での様子を随時更新しています♪
気密性をあげる施工の様子も写真付きで細かく説明していますのでご覧になってみて下さい♪

現場レポートはこちら


家と暮らす。家と歩む。

◆リフォームを長年してきたからこそわかる、新築住宅のあり方
創業明治16年の安藤嘉助商店カスケホームの新築住宅「カスケの家」。
性能にこだわった家づくりをしています。末永く住み続けられる“コスパ最適快適住宅”をご提案いたします。
 
◆イベント開催中!
見学会や相談会など、随時開催していますので、岡山市、倉敷市、総社市、笠岡市、浅口市、井原市で新築住宅をお考えの方は
ぜひ一度イベントへご参加ください!
 
◆SNS更新中

公式SNSアカウントでも「カスケの家」の家づくりをお届けしていますので、ぜひフォローをお願いいたします^^

 

記事一覧

1ページ (全35ページ中)

ページトップへ