スタッフブログ

山田 真司 自己紹介へ

なぜシート気密か

2020/09/26(土) 家づくりのこと

設計の山田です。

カスケホームでは気密施工はベーパーバリアで行っています。

耐力面材にコーキングして気密する方法が一般的で確実性が高いですが、

慣れればベーパーバリアでの工法も確実性が高いです。

コーキングは地震時や経年によって劣化し気密性が落ちる恐れがありますが、

室内側に施工するベーパーバリアは外部からの熱の影響を受けにくいので長期にわたって性能を発揮することが出来ます。

しかもベーパーバリアは屋内からの湿気を抑え、壁体内結露を防止します。

断熱材も安価で高性能なグラスウールを使用できます。

この工法はリノベーションでも使うことができるので、

高性能リノベーション工事が可能になります。

 


◆リフォームを長年してきたからこそわかる、新築住宅のあり方
創業明治16年の安藤嘉助商店の注文住宅ブランド「カスケの家」。
デザインと性能にこだわった家づくりをしています。末長く住み続けられる新築住宅をご提案いたします。
 
◆イベント開催中!
見学会や相談会など、随時開催していますので、岡山市、倉敷市、総社市、笠岡市、浅口市、井原市で新築住宅をお考えの方は
ぜひ一度イベントへご参加ください!
 
◆SNS更新中

Instagram Facebook
公式SNSアカウントでも「カスケの家」の家づくりをお届けしていますので、ぜひフォローをお願いいたします^^

記事一覧

1ページ (全13ページ中)

ページトップへ